FC2ブログ
そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
「以前」と「最近」
「以前はこうだった...」、「最近はこうだね....」などと過去との比較をすることがよくあるが、一体「以前」とはいつ頃のことをさしているのか? ケースによってまちまちだが、歳をとると数十年前、場合によっては半世紀近くも前だったりする。「最近の小学生は...」などと言う場合は、比較するのが自分が小学生だったときとなると半世紀近くも昔となる。そこまで遡らなくても、自分の子供が小学生だった頃との比較であっても10年近く遡ることになる。団塊の世代は終戦後まもなく生まれ、半世紀以上の間、世の中が目まぐるしく変化する中を生きて来ている。その分比較対象できる経験が多い。
仕事の関係でアジアの国を訪れることがあり、中でもタイ、中国には良く行く。日本が豊かになった後の状態しか経験していない年代のものにとっては、発展途上国の状態は珍しく、理解しがたいものもあるようだが、貧しい時代の日本を経験してきた私には実に理解しやすい。超高層ビルが立ち並んだり、フランチャイズチェーン店が多く進出し、一見すると先進国と変わらない風景であっても、一方で昭和30年代のわが国と似ている部分も多い。
今はまだこうしたものを経験している40~50代が現役で企業や役所の要職についているので問題ないが、今後豊かさしか経験していない、あるいは家庭、学校でまともな躾、教育を受けていない30代が日本をリードする時はどうなるのだろう?と危惧している。


 ◆人気blogランキング
  ⇒投票はココから
北朝鮮戦
いよいよ後2時間あまりで北朝鮮戦だ。
日本チームにとってはホームなので何が何でも勝たないといけない。勝つだけではだめでなるべく得点差を多くしなければいけない。まあ、実力を出し切ったらかなりの得点差で勝つはずだが、実力差を埋めるモチベーションの差が怖い。日本チームのモチベーションが低いわけではなく、金正日の国だから日本に勝つということに政府をあげて取り組んでいるだろう。怪しい情報であるが、日本に勝てば家を貰えるとか、逆に負けると大変な目にあうとか、真偽のほどは定かでないが、いずれにしても日本チームとは環境がまるで違うのだ。もっともまだ貧しかった頃の日本を知っている世代から見ると、その頃の日本も今の北朝鮮の選手に近い使命感、責任感を持って試合に臨んだものだ。怪しげな新聞情報によると日本に負けた場合ミサイルを撃ち込む準備をしているとか、勝ったら勝ったで祝砲のミサイルを打ち上げるとか、嘘のような本当の話か本当の話のような嘘の話か知らないが、まあ、賑やかなことである。
巷での予想は3-0で日本が勝つというのが多いようだが、予想というより、期待に近い感じである。

ところで、スタメンは国内組みで占めて海外組みの高原、中村はベンチスタートだそうである。日本の選手層もずいぶん厚くなったものだ。できれば日本から2チーム出したいくらい豊富で、ジーコもメンバー選びは大変である。もっともトルシエであれば簡単だったろう。嫌いな選手は、はなから使わないので、活躍して実力を出すチャンスもないし、また、実力を披露しても嫌いな選手は使わないというコンセプトがしっかりしているので、迷うことは無いだろう。
私の予想は4-0で日本としておこう。玉田が活躍しそうである。

読んだ人はココをクリック
UFJがスキマー被害を救済検討
先日、名門ゴルフクラブの支配人がスキマーを助けた件で逮捕された。まさかゴルフ場の支配人がグルになって暗証番号を盗むなど、考えもしない。まさに外国的な犯罪がわが国にも入ってきており、日本だからと特別安全という時代は去った。
ところで、暗証番号を盗んで銀行から金を引き出す犯罪。各銀行とも被害については保証をしない態度をとってきており、口座の所有者が泣き寝入り、という状態である。
しかし、私は合点が行かない。被害者がかわいそうだから、保証すべきだ、といっているわけではない。そもそも、一体「被害者」は誰なのか? 私は、それは「銀行」だと考える。預金者の口座番号・暗証番号を利用したからといって、なぜ預金者が盗まれた、と考えるのか? 銀行で保管あるいは投資した金一つ一つに預金者の番号が付いているわけではない。銀行に入った金は全て「銀行」の金であり、銀行が管理している金なのだ。いままでの手口は直接暗証番号を入手し、それを使って金を引き出しているので、引き出された金と預金者を結びつけ、預金者を被害者に仕立て上げることが可能だが、4桁の数字の暗証番号は1万しかなく、0000から9999まで全てを試せば必ず一致するわけで、3回間違って入力するとロックされるというセキュリティを突破できれば、手間隙掛けて暗証番号を入手しなくとも、集金することが出来てしまう。それでも預金者を被害者と言うことに出来るのか?
そういったことが背景にあるのか、単に預金者保護の観点からかはたまた、他行との差別化化か?いずれにしてもUFJの動きは歓迎したい。

ココをクリック!!
ランクアップ
ブログを始めて1週間がたちました。ブログという言葉を知ったのはほんの数ヶ月前、これまではとにかく忙しく、ブログを書くなんてことは考えられません。でも、仕事にもいろいろと関わってくることが分かり、今は仕事半分にせっせと書いてます。始めていくとだんだん欲が出てランキングが気になります。始めて間が無いときは560位くらいでしたが、だんだん上位になり、今では280位辺りにいます。早く100位以内、いや50位以内に入るようとにかくじゃんじゃん書いていこうと思っています。
最近はめっぽう物騒!
愛知県の安城市で刑務所から最近出所したばかりの男が赤ちゃんを刺し殺すという事件がありました。
開店間もないスーパーマーケットで、万引きした果物ナイフで赤ちゃんの頭を刺したあと、傍にいた幼児を蹴飛ばしたという。最初から殺人するつもりでスーパーに出かけたと供述しているそうだ。
被害者やその家族にとっては、全く不運な災いである。この男が何をやって刑務所に入ったかは知らないが、どうも日本は凶悪犯で、長い懲役刑であっても、模範囚とか何とかで刑が軽減され知らないうちに出所するケースが多い。アメリカなどではいろいろな犯罪を犯すと懲役の年数が加算され、懲役100年とかになると一生出所できないわけで、日本でもそういうようなものが必要になってきているのではないだろうか? 性犯罪だけではなく、凶悪犯罪などの再犯率は非常に高い。再度犯罪を犯す確率が高いものを、そのまま出所させるのでは、おちおち生活していられない。何とかしてもらいたいものだ。