そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカではCOSMETIC(美容化粧品)からCOSMECEUTICAL(薬用化粧品)へ
先日アンチエイジングの化粧品を開発したアメリカの形成/整形外科医Dr.ジェネコフのセミナーを誘われて聞く機会があった。Dr.ジェネコフは頭蓋骨が繋がったシャム双生児の分離に成功したことで有名になった博士で、数々の頭蓋骨・顔面奇形の形成/整形外科手術を手がけている。
化粧品に関するセミナーなので私のような団塊世代の男が参加するのは場違いと気が引けたので娘を誘って参加した。この化粧品は従来の化粧品とは異なり形成/整形外科医が患者に投与した薬品などの中で傷の治癒に効果が実証的に認められたものを使用しており、合成香料等を使用していない。老化した皮膚を若返らせ、しみ、シワを少なくし健康的な美しさを追及するものだ。こうした美容と薬用の両方のカテゴリーにまたがるものをCOSMECEUTICALというそうで、アメリカでは50歳以上の世代に支持されているそうだ。今、日本でも話題のアルファリポ酸やコエンザイムQ10、ビタミンC、Eなどを含んでいる。

アンチエイジングということで販売ターゲットは50歳以上のベビーブーマや25~30代で、まさに私たち団塊の世代向けの商品であることが分かり、意を強くした。
ドラッグストアなどに置いてあるものと比べ割高ではあるが、製造時点で有機溶剤が融け商品に残っていたり、表示と異なる成分が含まれていたりと、化粧品やサプリメントは怪しい商品が少なくないだけに、あまり安いものを買うのもどうか?と思う。
私も今のうちに使用前の写真を撮り使用後との比較をしようと思っている。

商品に興味を持った方はこちらから
スポンサーサイト

テーマ:アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

スイーツ
若い頃は酒ばかり飲んでいたので、甘いものなど口にしなかった。お茶を飲むぐらいなら、ビールを飲む、と言う調子だからまず甘いものを食べると言うことは無かった。
しかし最近、禁酒しているせいか食後に無性に甘いものが食べたくなる。最近は「甘いもの」とはいわずに「スイーツ」。女性には大変好まれており、メディアも何かとスイーツ特集を組む。
食わず嫌い王やぷっすまでも取り上げられており、紹介された商品は注文が殺到してなかなか手に入らないらしい。
血糖値が気になるので、余り食べることが出来ないが、目の保養に見るだけなら良いか? でも我慢するのは大変だ!
スイーツ特集はこちら
アルファリポ酸
いやーTVの影響力はすごいですね~。
昨夜のフジテレビの「発掘あるある大辞典」でα-リポ酸のダイエット効果を取り上げたところ、大反響!! 楽天の健康食品を扱う店に注文が殺到、売り切れる店が続々!! 「発掘」効果が街中を駆け巡っているそうだ。以前も番組の翌日にスーパーから番組で取り上げた商品が品切れする事態が続出していたが、大変な健康ブームだ。
もともとα-リポ酸はそれほど売れるものでないので、各店ともに在庫は多くなく、当分品切れ状態が続くようである。
調べてみたら、この番組に合わせるかのように、アルファリポ酸を新発売するところがあって、在庫は十分だそうだ。

マダムスーの”とく選名品市”

テーマ:アルファリポ酸・コエンザイム・Lカルニチン - ジャンル:ヘルス・ダイエット

薄らぐバレンタインデー
ここのところバレンタインデーに貰うチョコがめっきり減った。どんどんお年寄りの領域に入って行ってることが一番の原因だと思うが、どうもバレンタインデー自体が下火のようである。特に義理チョコを配ることがだんだん無くなり、本命のみに渡すようになったらしい。義理チョコが盛んなころは、年相応の地位にいたこともあり、かなりのチョコを貰うことができたが、頼みの綱の義理チョコが廃れてきた現在、本命にはなれないので、本当の義理チョコがわずか手に入るのみである。
20050207161531.gif

テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ

またまた、いやな季節が来ました~花粉症~
いやー、また今年もあの季節です。といっても私自身は花粉症じゃありません。でも、周りで鼻水、目がウルルンは良いとしても、クシャミを何度もされると、何か移りそうで気になります。花粉症自体は移ることはないでしょうが、花粉症のクシャミなのか風邪、インフルエンザのクシャミなのかよくわかりません。特に閉め切った満員電車やバスでしかも手で覆うことなくやられると思わず息を止めてしまいます。あまり長い時間息を止められないので、ブレーキを踏んで空気が動かないかな~なんて期待してしまいます。
ところで花粉が飛ばない杉が見つかったそうですが、杉林がそれで植え替えられるのは数十年先でしょう。花粉症対策の商品で儲けている企業が杉を植えてるんじゃーないかな?と思いたくもなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。