そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト
こだまでしょうか
「辞める?」って言うと「辞めない」って言う。
「言った?」って言うと「言わない」って言う

嘘つきでしょうか?
はい、菅直人です。
日本には日本人の首相を!
日本には日本人の首相が必要だ。日本人というのは国籍のことではない。昨日まで外国人であったものが帰化して日本国籍になったものもいる。
帰化して日本国籍を持った張景子は自身が自分はあくまで中国人であり帰化した理由は日本のパスポートの方が中国のパスポートより簡単に外国に行けるからだと言いきっている。
実際マスコミなどでの発言を聞いても中国政府の代弁者のようである。本人が言っているように日本で活動している中国人なのだから当然と言えば当然である。

そういったことで私が日本人の首相と言っているのは国籍の問題ではなく「日本の国益を守る」ことを言っているのだ。
もともと民主党には「日本の国益」などどうでもよい社会党出身者が多く、また謝罪マニアが多く国益を損なうようなことをするのではないかと危惧していたが今回の中国漁船体当り事件に対する対応で危惧が現実となった。

本来このような場合はいち早くビデオを公開し全世界に事件の真相を知らしめて、中国がばかげた主張をできないように国際世論を味方にするのが定石である。(公判云々で現時点での公開はしないというがシーシェパードの場合は公判前に公開している)
にもかかわらず、ビデオを公開することなく中国のばかげた主張をそのままにして両国が同レベルでの主張しあうという構図を作り上げた。
それでも互いに主張するのであればまだしも、日本側は一切主張することなく中国側のばかげた主張を看過した。

日本が何も言わないことに意を強くした中国政府はどんどん主張、対抗策をエスカレートさせ、また我が国マスコミも中国側を非難することなく、ことさらに中国の対抗策による日本の被害を繰り返し報道し、中国の漁船が体当りしてきた事件を外交問題にまで格上げさせた。

外交音痴の仙石・菅政権は中国のこうした大げさな反応・恫喝にビビりこうした場合に決してやってはいけない
大幅な譲歩をしてしまった。

多少の国益を損なってもここは早く問題を解決することが大局的見地に立てば得策とプリミティブな発想でやったのであろうが、今後これに味をしめた中国は赤子の首をひねるようにどんどんエスカレートさせてくるだろう。

船長を釈放すれば中国も折れてくるだろうと考えているかもしれないが、早速中国外務省は謝罪と賠償を求める声明を出している。
また、レアアースの輸出差し止めやフジタ社員の拉致問題は相手の手の内にあり、あとどれだけ情報しなければならないのか。
いずれにしても日本の対応を見透かされて今後尖閣周辺海域で中国漁船が公然と侵犯し違法操業しているのを日本の巡視船がただ手をこまねいている状況が常態化するのは目に見えている。

中国の狙いは尖閣諸島の領土問題化

それにしてもなぜ今中国がこのような事件を仕掛けてきたのか、狙いは何かと考えていたが、温家宝が国連総会での演説で、「中国は主権と領土保全の問題で、後退することも妥協することも、絶対にしない」と今回の事件に関して言及したことで中国の狙いが分かった。

中国にしてみれば、日中間に領土問題は存在せず当然尖閣諸島についてもまぎれもなく我が国領土であるものを問題化するには国連総会という場は格好の最大のチャンスであった。
そこで漁船を体当りさせて問題を起こしそれを大騒ぎして外交問題にまで発展させて、それを国連総会の演説の場で取り上げて世界中に日中間に尖閣諸島の領土問題があるということを流布させる作戦を取ったのだ。

外交素人の仙石・菅政権はそうした狙いに全く気が付かずまんまと手に乗ってしまった。
今回のような場合は2つの対応がある。
ひとつは挑発に乗らずさっさと追い払ってしまう方法、もうひとつは今回最初に取ったように逮捕し船も押さえ断固たる対応を取ることである。
一旦断固たる態度を取ったらブレルことなく最後まで貫くことである。
にも拘らず証拠物件である船や船員を早々と帰し、またビデオをひた隠しにしその上に恫喝されると三権分立を犯してまで検察に圧力をかけて船長を異例の釈放をさせた。
こともあろうに国のトップがこのような我が国の国益を損ね、一方的に中国に加担する行動はどうみても「日本人」としては認めがたく国籍は日本人であっても張景子と同様に中国人であると考えると理解しやすい。

国連での演説で漢首相は「国のリーダーがまず果たすべきことは疾病、貧困、紛争といった不幸をできる限り小さくすること、つまりは最小不幸社会を作ることにある」と述べたが、まず果たすべきことは「国益を守る」ことであり、海外での日本人を守ることではないか。

テーマ:悲しいニュース - ジャンル:ニュース

ガソリンの暫定税率の期限切れ
暫定税率が3月末で期限切れになることが決定的になった。
与党は既に平成20年度の予算に組み込まれていて、暫定税率がなくなると大混乱になると不安を仰ぐが、それでは議会制民主主義は崩壊する。参議院の与野党逆転は昨年7月に起こったことであり、それでも全て与党の思うとおりことが進むと考えて行動すること自体が極めて無責任といわざるを得ない。野党が急に主張を変えて、それが想定外であったというのならまだしも、野党の主張は力で押し切れると考えてきたこと自体が間違いであるといえるであろう。

そのことはまたの機会にして、ガソリンの暫定税率の期限切れ必死になり、石油元売やGSなどから4月1日以降の対応についていろいろと問題が指摘されているが、私に言わせれば4月1日から暫定税率分を除いて値下げして販売すれば全く問題なく、混乱もおきない。
暫定税率が乗っている時期に仕入れたものは一時的に逆ザヤになるが、福田首相は衆議院での再可決をするようだから、その前に仕入れておき暫定税率が再度実施された後にそれを売ればイーブンになる。

無用に不安と混乱をあおるメディアや政治家には猛省を促したい。
中毒人民共和国? 中国の笛?
以前から中国の食品の安全性について問題が指摘されていたが、案の定死者は出なかったものの、一歩間違えば死に至る大問題が発生した。
本来なら即座に謝罪すべきところだか、なぜかまったく対応は違った。
中国のサイトでは日本でのみ問題が起こって、日本人は虚弱体質ではないかとの書き込みがあったという。ある意味当たった指摘だろう。今の日本人は中国の庶民のように毒を摂取する機会がない。その点では中国の上級階級と同じである。中国でも毒を平気で摂取しているのは一般階級のみで、上級階級は日本の食品や海外の安全な食品を摂取していると聞く。幸か不幸か日本人は安全な食品を摂取しているし、また大気汚染も何十年も前に対策を講じ現在では中国から飛来する桃を除き安全なものとなっている。
ソ連や他の東欧諸国とは異なり既存の体制がそのまま温存され未だに共産党一党独裁のまま資本主義を導入しあたかも西側の一員になったかの誤解を与える中国は、本来その資格を保有しないにもかかわらず政治力で北京オリンピックの招致に成功したが、結果今回の食の安全やマスクを着用してのマラソンなど未だかってない事態により、中国が未だ西側諸国とは程遠い現実を世界中に発信することになるであろう。
本日、サッカーの中国対日本戦が中国人レフェリーで中国の重慶で行われたが、案の定ハンドボールの「中東の笛」を思い起こさせる「中国の笛」が鳴り響いた。
まったく、北京オリンピックが思いやられる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。