FC2ブログ
そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
真打登場!?
ライブドア騒動に新たな人物が参入した。ソフトバンク・インベストメント(SBI)というから、孫さんの会社の子会社で、孫さんがいよいよ登場か?と思ったら、そうではないようだ。北尾CEO、一般には余り知られていないが、野村證券の社長候補ナンバーワンでありながら、孫さんに乞われてソフトバンク入りをした大物だそうだ。記者会見での発言の半分以上(?)は彼が孫さんの指示命令を受ける立場ではなく、イコールパートナーで、今回のことも孫さんの承諾なしに自分自身の決断で進められるという、北尾氏自身のことであった。
実にハッキリとものを言う人で、今回のライブドアの行動を、人の家に土足で入り込んで「仲良くやりましょう」と言うようなもので、相手の理解は得られない、と実にまともな発言であった。
これまでマスコミでいろいろな方が発言しているが、誰一人としてこうした発言は無かった。(私が聞いていないだけかもしれないが)
もともと、近鉄の買収、新規参入騒動も同じように、土足で入り込み、ライブドアがどうのこうの、堀江氏のビジョンがどうのこうのという前に、彼のやり方、発言がアレルギーを引き起こし、死んでも絶対こいつにはやらないぞという感情を持たせたことに彼の敗因があるわけで、今回のニッポン放送、フジテレビ騒動でも全く同じことをやって、SBIの登場を招いた。
「土足で上がる...」と言う北尾氏の発言はニッポン放送の社員には大変好意的な受け止め方をされており、ポイントを稼いだ。
今まで60代の日枝会長、30代の堀江氏、村上氏という大きく開いたギャップを50代・団塊の世代の北尾氏がどのように「大人の解決法」で納めるのか、団塊世代の私には大変興味がある。
ライブドアの支持者には堀江氏の行動が、30代の若者が既存の体制に果敢に向かう、日本の現体制がグローバルスタンダードに遅れている、と捉えられているようだが、こうした敵対的な買収そのものがアメリカでは1980年代に流行したがうまくいかず、失敗と捉えられているわけで、なにもそうしたものを日本が追う必要は全く無い。TV番組などでも、アメリカの事情に詳しいアメリカ人が今回の堀江氏の行動を厳しく非難していることは大変興味深い。
スポンサーサイト



テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

アメリカではCOSMETIC(美容化粧品)からCOSMECEUTICAL(薬用化粧品)へ
先日アンチエイジングの化粧品を開発したアメリカの形成/整形外科医Dr.ジェネコフのセミナーを誘われて聞く機会があった。Dr.ジェネコフは頭蓋骨が繋がったシャム双生児の分離に成功したことで有名になった博士で、数々の頭蓋骨・顔面奇形の形成/整形外科手術を手がけている。
化粧品に関するセミナーなので私のような団塊世代の男が参加するのは場違いと気が引けたので娘を誘って参加した。この化粧品は従来の化粧品とは異なり形成/整形外科医が患者に投与した薬品などの中で傷の治癒に効果が実証的に認められたものを使用しており、合成香料等を使用していない。老化した皮膚を若返らせ、しみ、シワを少なくし健康的な美しさを追及するものだ。こうした美容と薬用の両方のカテゴリーにまたがるものをCOSMECEUTICALというそうで、アメリカでは50歳以上の世代に支持されているそうだ。今、日本でも話題のアルファリポ酸やコエンザイムQ10、ビタミンC、Eなどを含んでいる。

アンチエイジングということで販売ターゲットは50歳以上のベビーブーマや25~30代で、まさに私たち団塊の世代向けの商品であることが分かり、意を強くした。
ドラッグストアなどに置いてあるものと比べ割高ではあるが、製造時点で有機溶剤が融け商品に残っていたり、表示と異なる成分が含まれていたりと、化粧品やサプリメントは怪しい商品が少なくないだけに、あまり安いものを買うのもどうか?と思う。
私も今のうちに使用前の写真を撮り使用後との比較をしようと思っている。

商品に興味を持った方はこちらから

テーマ:アンチエイジング - ジャンル:ヘルス・ダイエット

ヤドカリ?
ヤドカリは体が大きくなるとそれまでまとっていた貝を捨て、一回り大きい貝をまとう。もちろん貝は活きている貝ではなく、空になったものだ。
どうも最近世間を騒がしている人物を見ていると、人間ヤドカリではないかな、と思う。もっともこの人間ヤドカリは、ヤドカリと違って他人が使っている貝を奪って自分のものにする。そして、もともと自分のものだったかのように振舞う。今はライブドアの社長と言う肩書きだが、元はオンザエッジであり、これからはニッポン放送だろう。マスコミがニッポン放送の社長になる意欲があるか? と聞いていたが、間違いなく「ライブドアの社長」ではなく「ニッポン放送の社長」になるだろう。何故って、元々「ライブドアの社長」ではなく、ライブドアには未練などないと考えるのが妥当であろう。ヤドカリは大きい貝があればそちらを選ぶ。

テーマ:ホリエモン - ジャンル:ニュース

エンディングノート
終末期の医療や葬儀の希望、肉親へのメッセージなど「死」に際してのメッセージを生前に書き残すことができる「ノート」が、中高年の間で広がりを見せているそうだ。
今日3/15(火)夜7:30~7:56NHK総合テレビで放映の「クローズアップ現代」で山田太一をスタジオゲストに迎え、中高年に今人気の「エンディングノート」の広がりとその背景を紹介していた。高齢社会を迎え今後ますますエンディングノートが広がりを見せるのではないだろうか。

自分を記録するエンディングノート『人生の引継ぎ帳』
1冊:2,000円
スイーツ
若い頃は酒ばかり飲んでいたので、甘いものなど口にしなかった。お茶を飲むぐらいなら、ビールを飲む、と言う調子だからまず甘いものを食べると言うことは無かった。
しかし最近、禁酒しているせいか食後に無性に甘いものが食べたくなる。最近は「甘いもの」とはいわずに「スイーツ」。女性には大変好まれており、メディアも何かとスイーツ特集を組む。
食わず嫌い王やぷっすまでも取り上げられており、紹介された商品は注文が殺到してなかなか手に入らないらしい。
血糖値が気になるので、余り食べることが出来ないが、目の保養に見るだけなら良いか? でも我慢するのは大変だ!
スイーツ特集はこちら
TOB
フジテレビが進めていたニッポン放送株のTOBの結果が発表になった。日枝会長の会見での余裕あるコメントを聞いていると、かなりのシェアを取る見込みが立っていると予想していたが、TOBの25%超は遥か、拒否権を持つ1/3を軽々と超え36%超のシェアだ。これによりたとえライブドアが50%を超えるシェアを持ったとしてもフジテレビ側は重要事項に対し拒否権を持つため、ライブドアの支配も限定的なものにとどまる。ホリエモンのフジテレビ支配の野望は根底から崩れ去ってしまった。今後はライブドアがニッポン放送の株をどのように損害を最小限に処分できるのか?に興味が移ってきた。ホリエモンもニッポン放送が打ち出した新株予約件の大量発行という対抗策をうけ形勢不利との判断からか、日枝会長と極秘会談をしたそうだ。会談内容は明らかにされていないが、もしかすると、その際にライブドア所有株の引取りについてホリエモンが持ちかけたのかもしれない。
 

テーマ:ホリエモン - ジャンル:ニュース