FC2ブログ
そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
ふざけるな!後期高齢者保険制度
75歳以上の高齢者を差別する保険制度がスタートした。
法律制定時に与党の総務会長だったものが今頃になって、のほほんと制度に反対だとTVに出て言う。
厚労省の役人の肩を持つわけではないが、今になって梯子をはずされた感じだ。世論が騒ぐと日和って、手のひらを返す。まあ、自民党の議員はもともと政策や哲学よりも政権にいることを1番のプライオリティにしている人たちの集まりだから、当然のことといえばそれまでだがまことに嘆かわしい。

そもそも、健康保険制度は高齢になって医療費が嵩むので、医者にあまり世話にならなくて済む若いうちから被保険者になって、将来のために積み立てておくものである。
にもかかわらず、若いうちにせっせと払い続けたものにいざ医療費がかかる時になって、それまでのものはご破算にして、新たに受益者負担で高齢者だけの保険に強制加入させるという。
まったくの詐欺行為である。いくら国の財政事情が悪化しているからといって、このような詐欺行為を高齢者にする政府とは何だろうか?
あまり人の苦しみや痛みを理解できない小泉政権が導入したものであっても、実施するのは後期高齢者予備軍である福田首相の政権である。

本制度は団塊世代が後期高齢者になる時に対応するためだと聞くが、団塊世代はこれまでの間に自分たちが使う医療費をはるかに超えた保険料を支払い続けてきた訳で、それをしっかり積み立ててきていれば問題ないのだが、その余剰金を無駄な施設投資などをして食い潰してきたため、負担できなくなったためである。

そのツケを後期高齢者に押し付けるなどということは、まったく容認できるものでない。
また、立場が変わると意見が180度転換する厚労相のいい加減な発言はもういい加減にしてもらいたい。
スポンサーサイト