FC2ブログ
そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
対立軸
ライブドアの提訴により法廷闘争へと移ってきたが、この騒動に対しどちらを支持するのか、傾向が強く出てきている。
<フジサンケイ>  <ライブドア>
・自民党      ・民主党(一部)
・40代~     ・~30代
・現秩序派     ・新秩序派

まさに世代間闘争の様相を呈してきている。
しかしそれだけだろうか?
プロ野球の新規参入問題でも、同じ30代で同じITベンチャーである楽天の三木谷氏との戦いで堀江氏は今回と同様の批判を受けている。楽天との2者択一の形ではあったが、結果がでる前に勝負がついていた。要するに新秩序であるとか買収の目的がどうであるとかではなく、彼の発言や相手の心を踏みにじるような行動がバッシングを受けてるわけで、同じことをやっても三木谷氏であれば全く違った展開になっていたであろう。

よく、ライブドアは新しい時代のグローバルスタンダードに則ってやっているわけで、現体制にしがみつく守旧派の人たちが文句を言うのはおかしい、などと尤もらしい意見を言う人たちがいるが、フジテレビ側もライブドアがルールを守ってやっているものにアンフェアだとか日本の慣習に馴染まないとか、といった批判は全くしていない。フジテレビ側も商法の規定により新株予約権を発行することで乗っ取りから防衛しようとしているだけで、堀江氏はいろいろなメディアを使って文句を言っているが、全く理解できない。こうした行動を見ていると間違ってもこの男がフジテレビに影響を持つようなことは阻止することが不可欠であると感じる。

今回の問題をステレオタイプ的に世代間闘争と捉えて貰いたくないものである。

<新語> ホリエる:同じことが、自分がやれば「善」、他人がやれば「悪」と言い張ること。

・増資により相手のシェア低下を図る
・トリッキー
・突拍子もないこと
・大幅増資により株主の資産価値を低下させること
・自分にとって得なことは、相手にとってもよいことであると決め付ける行為
・以前の発言、執筆内容が都合が悪くなると、そんなことを言ってないということ

こうしたことがあっても40歳以下の若い経営者は堀江支持が多いそうで、これが新ジェネレーションの特徴なのか、単に今若いからなのかは、数十年後にならないと分からない。
hories.jpg

スポンサーサイト



テーマ:ホリエモン - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック