FC2ブログ
そろそろ定年を迎える「団塊世代」 だけど、まだまだ、頑張れるぞ~  ベビブーマー応援隊
自粛を自粛
日本も変わってきた。
以前であればこのような災害があれば自粛一辺倒になっていた。
日本人に多い「感情」を配慮した行動が結果的に2次被害をもたらす。
そしてこうした2次被害者は1次被害者のような救いの手は来ない。
自粛によって多くの商工業従事者、サービス業者がただならない被害を受け本来なら被害を受けることない多くの人々が隠れた大きな被害を受ける。

さすがに神戸淡路大震災など多くの災害を経験してきて必ずしも自粛することが被災地のためにならないということが分かってきた人たちが多く、以前とは違って新聞紙上などでも過度の自粛を控えるような意見が掲載されるようになってきた。

都知事選真っ只中ではあるが、石原都知事の花見自粛発言に対して真っ向から反対する意見が飛び交っている。
都のレスキュー隊が福島原発で過酷な任務を果たしたりまたその他都の職員などが震災復興のために獅子奮迅しているなどの背景もあっての発言であろう。

しかしながらこのようなただでさえ心が沈む中で何とかして気持ちを奮い立たせ、経済を少しでも活発化することがひいては被災者たちへの応援になるわけで、ここは国民こぞって「負けないぞ日本、プラス1!!」といった自らを奮い立たせ、こういう時だからこそ普段よりなんでも1つ多くするようなキャンペーンをしてもらいたいものだ。

「遊ぼう」って言うと「遊ぼう」って言うなど耳にたこができて不快なメッセージになりつつあるが、普段より1つ多く何かするといった啓蒙活動であれば歓迎である。

何年も行っていない映画館に行くとか、ボーリングに行くとかまた温泉に行くとか、何でもよいので普段よりプラス1して経済の活性化に国民全員で取り組めば、災害時の冷静沈着な日本人の行動が外国から評価されたように、このような状況下であってもプラス1のキャンペーンで見事経済を復活させれば日本、日本人に対する評価は飛躍的に高まり、ひいては日本経済に対する評価が上がり見事未曾有の天災を見事跳ね除け元に戻るどころではなく復興を果たすことになるのではないだろうか。
抜本的電力対策
電力の逼迫を受けて計画停電が実施されている。
これにより電車なども間引き運転を余儀なくされている。
電力需要が急増する夏場では1000万KW/H以上の需給ギャップが予想されるという。
政府は電力使用の総量規制をしてしのぐことを計画しているというが、総量規制によって例え大規模停電を回避できたとしてもそれによる経済活動の落ち込みによりGDPが1%マイナスになってしまうという。

今一番重要なのは一時的には計画停電などで急場をしのぐとともに、如何にして需要に見合った供給量を確保するかということである。
同じ周波数である東北電力や北海道電力から融通してもらうのが一番簡単なことだが、東北電力自体発電所が被害を受けていて今後計画停電が必死でとても東電に融通できるような状況でない。また北電も本州とは海底ケーブルで繋がっているがこれ自体の容量が小さく、東電の不足分を補えるものではない。
また、西日本の電力会社は60ヘルツでの供給で東電の50ヘルツに直接接続することはできず、周波数変換器の能力から100万KW/Hが上限だという。
周波数変換はロスが多くまた増設するには1年以上かかるという。

あれもダメこれもダメで急速に供給を拡大させる方法はないようだが、下記の案はどうであろうか?
・東電の高圧線から近い中部電力の発電所を50ヘルツの発電に変更し専用線を繋ぐ。
・中部電力で不足する分を関西電力、九州電力が補う。

真偽のほどは定かではないが60ヘルツ用の発電機をゆっくり回せば50ヘルツになるという話もあるし、発電を中止している東電の発電機を移設すれば良いわけで他の方法より早く確実に供給量を増やせるのではないか。

いろいろな規則や法律などの問題はあると思うが是非検討してもらいたいものだ。
なぞなぞ「海外のメディアが報道して、日本のメディアが報道しないものなあに?」


答え:参加者3000人もの大規模なデモが東京で起こったことを日本のメディアが黙殺し一切報道しないことを海外メディアが批判している事実。

中国で行われたわずか50人のデモを大々的に報道し、また中国の2000人のデモを「大規模なデモ」と報道しているが、それを上回る東京の3000人のデモはまったく報道しない。

しかしながら、そのデモを待っていたかのように事前に当局に申請し許可を得てネットで参加を呼びかけ動員されたデモは、東京での抗議デモを理由の一つとしていたためにまったく黙殺するわけには行かずいやいやながら東京で行われたデモ、とのみ報道した。

渋谷のときと異なり中国大使館前を通るデモであったこともあり中国側が反応したためやむなくデモがあった事実に触れざるを得なかったが、多くの日本人はこの事実を知らない。
国民に知らしめるためには国会の場で取り上げられることが、テレビ中継もされマスコミも黙殺するわけには行かなくなる。
そういったことを考えれば国会議事堂前でデモ行進をするのが一番効果があるのではないだろうか?
体当たりビデオを政府が公開しないのであれば、国会に対して抗議表明するのが最も理にかなっている。

それにしても中国で発生する反日デモは実に統率が取れている。
当初起きたデモは沿岸部で発生したが現在ではまったく静かで、今回は内陸部の番だといわんばかりに地域が動いている。
自然発生であれば本来なら飛び火あるいは運動が拡大するはずだが、輪番制のごとくもう北京、上海などは何事もなかったかのようだ。
ガス抜きしたからもう良いのだろう。

あまりやらせておくと本来の不満相手に対して向かってくることになり、そうなると政権自体の転覆にも繋がりかねないわけでソ連の崩壊を目の当たりにしているだけにそうした事態は国際社会の猛反発を受けようとも、どんな手を使おうとも阻止しなければいけないという事情があるわけで、火をつけては消しまた別の場所で火をつけては消す必要があるわけだ。
たとえていえば野焼きのようなもので、大火災にならないように管理して満遍なく草木を焼いて来年に備えるようなものだ。

今回の綿陽などでの暴徒化したデモがあったことはある意味では日本の国益を考えると誠に良い出来事ではないだろうか?

世間知らず、国際性が欠如した現政権もこのような中国の対応を見て驚き、自分たちの考えがいかに幼稚で世間知らずであったかを痛感したはずであり、またマスコミも同様に痛感したはずである。
中国に対する報道姿勢が、船長釈放後も中国が強硬姿勢を変えないことが分かった時点から変わりつつある。
わが国メディアの数少ない良識ある人達が声を出すようになったのではないか?
それより何よりも国民自体が中国の本性を見た、と感じてきていることが極めて大きい。
これから等分の間は親中派のジャーナリストも馬鹿げた発言は慎まなければならないであろう。
なぞなぞ 「ノルウェーにあって日本にないもの」
投獄中の中国人活動家がノーベル平和賞を受賞した。
事前に中国が警告を与えていたのも関わらず、中ノルウェー関係にひびが入る可能性があるにも関わらずだ。

日中関係に悪影響が出るのではないかとして漁船体当り事件のビデオの公開に一貫して反対し、国民に真実を見せないことに全力を注いできた元全共闘闘士のノートルダムのせむし男にとっては苦々しい出来事だ。

こうした行動をノルウェーが取れるのも日頃毅然とした姿勢を貫き通してきたからだ。
そういう意味だはこれまでの自民党政権の責任は大きい。

もっといえばそういった政権を支持し続けた国民がもっと悪い。
民主主義国家では政権は国民を反映しているわけで政権だけが一方的に悪いわけではない。
国民、マスコミ含めて責任は重大である。

それにしても中国人民は可哀そうだ。
捻じ曲げられた歴史教育を受け、親世代はは文革でズタズタにされ天安門事件も知らされず、もちろんチベットやウイグル、内モンゴルについても真実を知らされることなく、また海外にいようと共産党の影響から逃れることが出来ない訳で、中国のマスコミは当然として日本のマスコミすら頼りにならない。
そんな日本は頼りにはならずアメリカを頼るのは当然のことだ。

まあ今後とも日本は中国にとってありがたいお得意さんどんどん難癖をつけては利益を得ようとするであろう。
蓮舫へ問う、「なぜ議事堂内じゃないと駄目なんですか、議事堂外じゃ駄目なんですか?」 
元タレントの蓮舫が「議員活動の記録のため」とウソの申請をして国会議事堂内でファッション雑誌ヴォーグの誌面を飾る写真撮影を行った。
VOGUE.COM

撮影の裏側「蓮舫さん編」その1

写真4カットのクレジットには、衣装の価格とブランド名が書かれていたため明らかに禁止されている宣伝行為にあたる。

ウソの申請書を作成し行使したわけで、それが公文書か私文書かは分からないが、文書偽造になるのではないか?
この件で西岡武夫参院議長から注意を受けたそうだ。

三つ子の魂百までというのが適切がどうかわからないが、元全共闘闘士であったり、タレントであったりしたものはやはり幾つになっても変わらないものだ。

もう一度聞こう「なぜ議事堂内じゃないと駄目なんですか、議事堂外じゃ駄目なんですか?」 

ある市民団体が本件を刑事告発し、起訴されなかったら検察審査会に持ち込むと言ったとか、言わないとか?!